2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.05.28 (Fri)

動物病院のレントゲン

こんばんは

犬の白内障や緑内障で来られた方はこちらへどうぞ

リリーくん(シーズー犬)が事故にあった時の話をしましよう

いくつ位だったか4歳頃でしょうか
普通に目が見えていた頃です

駐車場に車を止め運転席のドアを開けたまま
助手席の荷物を取ろうとしました

いつもなら言うはずの
「まだダメだよリリーくん」
その時その一言をうっかり忘れてしまい
飛び出してしまった!

「あっ、リリーっ」

遅かったんです
そこへ自転車が...キーッ、ドン!

ぎゃんぎゃんっ
リリーくんが悲鳴をあげ、脱糞までっ

リリー(シーズー犬)白内障と緑内障


自転車の高校生のお兄さんは
私の不注意なのに何度も詫びてくれましたが
私はパニクッてしまい、一言ごめんなさいと言い残したまま
当時通っていた獣医さんへ車を飛ばしました

夜の9時頃だったと思いましたが
診察していただいた結果、レントゲンで見ても異常なし
痛み止めの薬だけいただきました
帰宅して様子を見ていると

食事は食べない、おやつも食べない
ただただ、私の膝の上でおとなしくするだけ

ショックは大きいはずですが
何かおかしい...

リリー(シーズー犬)白内障と緑内障


翌日リリーくんの事で唯一相談できる方に
獣医さんを紹介してもらいすぐさま直行
かなり混んでいて半日近くかかってようやく診察
レントゲンをとってもらいました
ところがこちらでも異常なし

2日目も様子を見ますが何も口にせず
やっぱり何かがおかしい...


3日目、再び昨日の獣医さんの元へ
私があまりにもしつこいので
顎の部分を大きく撮ってもらい
レントゲン写真を見たところ

「小さくですが顎にひびが入っているのが確認できました」
「すぐにとりかかりますのでお待ちください」

リリーくんが我慢した3日間を考えると泣けてきたの覚えてます
こんな飼い主でホント申し訳ないと思いました救われました

リリー(シーズー犬)白内障と緑内障


私のような飼い主はそうそういないと思いますが
そのような場合に備えて最低限のしつけが必要だと
身をもって経験しました

あの時、自転車でよかった
車だったらと考えると恐ろしいです

リリー(シーズー犬)白内障と緑内障


最後にその獣医さんが私に言ってくれました

「すいませんでした...」

私ね、こちらの病院がとても混むのが分かりました

リリー(シーズー犬)白内障と緑内障


リリーくんの顎を触るたびに
あの時の事を思い出します


おやすみなさい、また明日
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : シーズー ジャンル : ペット

00:03  |  嫌な思い出  |  Top↑
 | BLOGTOP |