2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2011.12.16 (Fri)

リリーくんの捻挫の原因は...。

もうヘトヘト…。

寿命が縮むというのはこんなことなんじゃないのか?!

はじめに書いときます。先日、うちのリリーくんはフローリングのせいでぎっくり腰になりました。

何も問題なく歩き回るリリーくんを見てるうちに「つい」そのままにしていたところ...

今回、また足を捻ったらしく捻挫してしまいました(泣

リリーくんの捻挫の原因は...。


玄関を開けキッチンの向こうに写るガラス越しの尻尾振り振りのリリーくんの影。

そのリリーくんの喜ぶ影を見ていつも留守番させてる罪悪感から開放されるのです。

その日、深夜未明に部屋に戻った私。が、そのリリーくんの影が見えない。

なんか嫌な胸騒ぎがした私はそお~っとドアを開けました。

(なぜか怖かった)

リリーくんはうつ伏せになったまま尻尾を振るのみ…。

「リリーっ?」

呼びかけに反応して立ち上がるのだけれどすぐ横になりあきらかに様子のおかしい気配。

「おい!大丈夫かリリーっ!」

リリーくんの捻挫の原因は...。


試しに離れたところから呼びかけてみると…片方の前足を庇うようにビッコ引いて歩いて来た。

すぐに思いついたのが椎間板ヘルニア。

知り合いのワンコはこのせいで脚が麻痺してしまったのです。

「リリー…」

添い寝しながら体を撫でてやり、ふとご飯は?と聞くと噛みつくほどの勢いで顔を舐めてきたリリーくん。

原因が分からない私は心配で心配で目に涙がたまりながらも急いで用意すると...がっりと完食。

「どうなってるんだ?.....?」

リリーくんの捻挫の原因は...。


こんな時って悪いことばかり考えてしまうんですね。

最悪の状況も考えながらリリーくんを病院に連れて行きました。

行きつけの病院の先生はかる~く捻挫の診断。

それでもなんだか怖い私は別の病院に...。

ホッとしていいのか診断の結果はやはり捻挫。

(診てもらう時の緊張といったらもう...)

これを書いてる今、リリーくんは以前のように元気です。

いい機会だったので二人の先生に聞いてみました。

ワンコに元気がなくても食欲があり排出も出来ていればそれほど深刻な状況ではないだろう...ということです。

(あくまで、だろう...です)

いやホント、フローリングに何も敷かずにいたせいでリリーくんも私も大変な思いをしてしまいました。

リリーくんの捻挫の原因は...。


私と同じようなワンコ初心者の方。

生まれつき関節の弱いワンコもいるそうです。年をとってきたらフローリングには何か敷きましょう。

若い時と違い老犬は治るのも遅くなりますし癖になることもあるみたいです。

ここまで読んで、馬鹿っ、タコっ、等々ご感想はいろいろあると思われますが、

ワンコ初心者の方がこんな事もあるんだ、と覚えてもらえれば幸いです。

こんなマヌケなことする飼い主は私一人で充分。

リリーくんの捻挫の原因は...。


いやね、ワンコは元気が一番。これホント...(泣
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ワンコ日記 ジャンル : ペット

07:53  |  日常  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。